広告初心者必見!Facebookピクセルコードの発行や設置箇所

Byimacoco所属WEBマーケター

広告初心者必見!Facebookピクセルコードの発行や設置箇所

今回はFacebook広告でコンバージョンを図ったり、リマーケティングリストを作成する際に設定必須になるFacebookピクセルコードの発行方法や設置箇所、その確認方法などをご説明致します。

Facebook広告をこれから取り入れる方やWEB広告初心者の方は是非確認して、今後のWEB広告運用に役立てましょう。

Facebookピクセルコードとは?

Facebookピクセルコードとは、Facebook広告を運用する際に設置を推奨されているタグを示します。

AdwordsやYahooプロモーション広告などでは、

  • 広告効果の計測を担うコンバージョンタグ
  • リターゲティング配信用にリスト作成や集計などを担うリマーケティングタグ

が存在しますが、Facebook広告では上記2点のタグは結合して管理しているのです。

下に媒体(Adwords、Yahoo、Facebook)ごとに用意されているタグとその機能などをまとめます。

<AdwordsやYahooプロモーション広告におけるタグ機能>

タグ名 コンバージョンタグ リマーケティングタグ Facebookピクセル
広告媒体名 Adwords広告
Yahooプロモーション広告
Adwords広告
Yahooプロモーション広告
Facebook広告
タグ設置箇所 サンクスページなどコンバージョンタイミングのページ リマーケティングリストを作成したいページ全ページ
⇒基本的にドメイン以下の全ページ(後々ページごとにリスト切り分けが可能。)
・サンクスページなどコンバージョンタイミングのページ
・リマーケティングリストを作成したいページ全ページ
⇒サンクスページを含むドメイン以下の全ページとリマーケティングリストを作成したい媒体全てに設置。
タグ機能 広告結果計測や広告の最適化など リマーケティングを行う場合のリスト作成、集計など 広告結果計測や広告の最適化、リマーケティングリストの作成、集計
タグ設置で可能になること ・コンバージョンの計測
・媒体側(GoogleやYahooなど)でのコンバージョン最適化
・広告レポートでコンバージョンの細分化
・コンバージョンユーザーの類似拡大
etc…
・リマーケティングリストの作成
・リマーケティングリストの集計
・作成したリマーケティングリストの類似拡大
・コンバージョンの計測
・Facebook側でのコンバージョン最適化
・広告レポートでコンバージョンの細分化
・コンバージョンユーザーの類似拡大
・リマーケティングリストの作成&集計
・作成したリマーケティングリストの類似拡大
etc…

上記の表に示した通り従来では、2つのタグをそれぞれサンクスページ(コンバージョンポイント)と全ページに配置する事が必須でしたが、Facebook広告で用いるFacebookピクセルではそちらは不要。1つのFacebookピクセルをサンクスページ含む全ページに配置することでコンバージョンタグとリマーケティングタグ両方の機能を担うのです。

 

 Facebookピクセルコードの発行方法

それでは実際にFacebookピクセルコードを発行する手順を解説致します。

Facebookピクセルコードの発行方法/手順①:Facebookピクセルの画面にアクセス

まずは、Facebook広告マネージャーを起動し左上のオープンメニューをクリックし、アセットというカテゴリー内の項目からピクセルをクリックして下さい。するとFacebookピクセルの画面に飛びます。

Facebookピクセルコード発行手順1

 

Facebookピクセルコードの発行方法/手順②:ピクセルの作成ボタンをクリック

Facebookピクセルをが未発行の方は下記の様な画面に飛びます。ピクセルを作成という緑色のボタンをクリックしましょう。

Facebookピクセルコード発行手順2

 

Facebookピクセルコードの発行方法/手順③:ピクセル名を入力

Facebookピクセルの名前を入力(デフォルトでは対象の広告アカウント名が入力されています。)し、Facebookピクセル利用規約に同意しますという項目にチェックが入っていることを確認し、次へをクリックします。

Facebookピクセルコード発行手順3

 

Facebookピクセルコードの発行方法/手順④:ピクセルコードをインストール

ピクセルコードをインストールします。実際にピクセルを配置する方法として、

  • タグマネージャの使用
  • コードを直接配置

の2通り存在しますが、今回は一番使用頻度が高いと思われるコードの貼り付け(直接FacebookピクセルをHTMLに配置)する方法を選択します。

Facebookピクセルコード発行手順4

 

Facebookピクセルコードの発行方法/手順④:ピクセルコードをコピーしページに配置する

コードを貼り付けというボタンをクリックすると下記の様なポップアップウィンドウが表示されます。画像の赤枠部分が今回作成されたFacebookピクセルとなりますので、メモ帳などのテキストエディターに保存しておきましょう。

Facebookピクセルコード発行手順5

 

発行したFacebookピクセルコードを再度確認する方法

Facebook広告アカウントの管理画面は少々複雑で慣れるまで混乱される方もいらっしゃるかと思いますので、発行したFacebookピクセルコードを再度確認する方法についても記載しておきます。

確認方法は非常に簡単で、Facebookピクセルの画面にアクセスし、アクションボタンをクリックしピクセルコードを表示というボタンをクリックします。(※下記画像)

すると発行した際にも表示されたポップアップウィンドウが表示されますので、新規発行した時と同様にFacebookピクセルコードをコピーして使用しましょう。

Facebookピクセルコード画面表示まで_3

 

Facebookピクセルを設置する箇所

冒頭でも触れましたがFacebookピクセルはAdwordsやYahooプロモーション広告などにおけるCVタグとリマーケティングタグの両方の役割を担います。

そこで下記の2点にはFacebookピクセルの設置をしておきましょう。

  • サンクスページなどのコンバージョンポイント
  • リマーケティング広告を配信したい全ページ

特に下のリマーケティング広告を配信したいページに関しては、他にメディアサイトなどを保有している方はそちらにFacebookピクセルを設置しそこにアクセスしているユーザーのリストを作成や、

メインどころでは無いですが他社のメディアサイトにFacebookピクセルを配置し実際に配信する広告に関連がありそうな他社のサイトを訪れているユーザーのリストを作成などを行い、そちらに広告を配信するなどにも使用できる為、Facebookピクセルを発行した際には設置出来る箇所には全て貼っておくことを推奨します。

 

 Facebookピクセル設置後に設定必須な2点

実際にFacebookピクセルを設置したした後はどのような設定を行えば良いのかこちらで整理しておきます。

カスタムオーディエンスの作成

実際にFacebookピクセルを設置した箇所に訪れているユーザーのリストを作成する作業が必要となります。

設置が完了し、カスタムオーディエンスリストを作成してから初めてリストの収集が開始される為、Facebookピクセル設置後はすぐに設定を行いましょう。カスタムオーディエンスの作成方法については下記の記事をご参考下さい。

Facebook広告のリスト作成機能、カスタムオーディエンスの設定方法

 

カスタムコンバージョン設定

実際に広告を配信し自社サイトにランディングさせコンバージョンさせる際に必須になるのがカスタムコンバージョン設定です。こちらを行うことでコンバージョンの最適化や効果測定が可能になり、広告レポートの際にもどこからコンバージョンが起きたのかを可視化することが可能です。カスタムコンバージョンの設定方法については下記の記事をご参考下さい。

Facebook広告の効果測定機能、カスタムコンバージョンの設定方法

 

まとめ

今回はFacebook広告を扱う上で必要になってくるFacebookピクセルについて発行方法や設置箇所、その後必須となる設定について解説しました。Facebookピクセルはリマーケティングを行ったり正しくコンバージョンを計測する為に必ず必要になる設定ですのでFacebook広告アカウントを作成した直後に行って、いつ広告を運用する状態になっても対応できる体制を整えておきましょう。

WEB広告全般全てのお悩みにお答え致します。

株式会社imacocoはSEO、SEM、SNSを基軸としたWEBマーケティング企業です。クライアント様の継続率、業界トップクラスの90%以上。結果にコミットし必ずお客様のご要望にお答え致します。まずはお気軽にご相談くださいませ。

 

CONTACT


24時間以内にご返信致します。
10:00 – 19:00(土日祝休み)

About the Author

imacoco所属WEBマーケター administrator

Comments Are Closed!!!