Facebook広告の効果測定機能、カスタムコンバージョンの設定方法

Byimacoco所属WEBマーケター

Facebook広告の効果測定機能、カスタムコンバージョンの設定方法

今回はFacebook広告でマーケティング目標がコンバージョンのキャンペーンを作成する際に作成必須なカスタムコンバージョン設定についてその概要や設定方法を解説します。マーケティング目標がコンバージョンのキャンペーン構築はFacebook広告で最も使用頻度が高いと思われる配信手法の一つです。

カスタムコンバージョン設定が間違っていると正確に成果が測れず、広告費を使ったが効果がわからないという事態にもなりかねませんので、念のため一度確認しておきましょう。
※念のためFacebook広告でマーケティング目標がコンバージョンを設定する画面については下の画像をご確認下さい。

Facebook広告マーケティング目標コンバージョン設定画面

上記の画面はFacebook広告で新たに広告キャンペーンを作成する際に、始めに設定しなくてはならない画面で、主軸となるキャンペーンのマーケティング目標を設定します。今回はカスタムコンバージョン設定が必要になるマーケティング目標、コンバージョンを選択する場合について解説します。(赤枠部分)

 

そもそもカスタムコンバージョンとは?

カスタムコンバージョンとはFacebook広告でマーケティング目標がコンバージョンのキャンペーンを作成する際にその目標、つまりCV地点となる場所を設定する事、もしくはそのCV地点を示します。

コンバージョンを目標とするキャンペーンにおいてカスタムコンバージョンを正確に設定する事で、Facebook側で広告の最適化が図られるだけでなく、予算に応じた見込みCV数の見積もりや、目標とするページにどれくらいのユーザーが訪れたのかをカウントするCV測定が可能となります。

 

カスタムコンバージョン設定前に必須!Facebookピクセルの設定

カスタムコンバージョン設定をする前に必須になる設定として、Facebookピクセルが広告のランディング先に貼ってあるかを確認しましょう。Facebook広告においてFacebookピクセルは、オーディエンスリスト(AdwordsやYahoo広告にとってのリマーケティングリストと同じ。)の作成に必要になるだけでなく、CV測定にも必要になります。

ですので、まずはカスタムコンバージョン設定を行う前に該当のCV地点(thanksページなど)にFacebookピクセルが埋め込まれているかを確認しましょう。Facebookピクセルコードの発行やコードの再確認、正確に受信しているかの確認方法については下記の記事をご参考下さい。

広告初心者必見!Facebookピクセルコードの発行や設置箇所

 

実践、カスタムコンバージョンの設定方法

CV地点、つまりカスタムコンバージョン設定をするページにFacebookピクセルが貼られていることを確認したら、いよいよカスタムコンバージョン設定に移ります。

①カスタムコンバージョン設定画面へアクセス

まずはカスタムコンバージョン設定を行う画面ですが、Facebook広告アカウントの画面から左上のハンバーガーメニューをクリックすると下記の様なオープンメニューが表示されますので、赤枠のカスタムコンバージョンをクリックします。

カスタムコンバージョン設定画面に飛ぶ為のページ

②カスタムコンバージョンを作成というボタンをクリック

アクセスしたページ内に存在する、カスタムコンバージョンを作成というボタンをクリックします。(赤枠が2つ存在しますがどちらをクリックしても同様のページが表示されます。)

カスタムコンバージョンを作成ボタン

③CV地点を入力し、カスタムコンバージョンの設定を行う

②でカスタムコンバージョンを作成というボタンをクリックすると下記の様なポップアップウィンドウが表示されます。

カスタムコンバージョン設定画面

ピクセル

該当の広告アカウントで運用しているFacebookピクセルが表示されます。念のためCV地点に貼ってあるピクセルと正しいかを確認しましょう。

ルール

CV地点のURLを設定します。プルダウンメニュー項目としては、

  • URLに含まれる
  • URLが同じ

の2点から選択しCV地点となるURLの設定を行います。(例:URLに含まれるを選択し、テキストボックスに/thanks.phpを入力。)

カスタムコンバージョン設定画面入力後

カテゴリ

設定するカスタムオーディエンスのカテゴリ属性を選択します。該当のものがない場合は”その他”というカテゴリを選択すると良いでしょう。

カスタムコンバージョンの名前を設定

上記の3点の確認&入力を終え、次へをクリックすると今回作成するカスタムコンバージョンの名前を設定するポップアップウィンドウが表示されます。こちらに後々わかりやすいカスタムコンバージョン名を入力し作成というボタンをクリックします。

カスタムコンバージョン名設定画面

カスタムコンバージョンが作成されているか確認して設定完了

以上によりカスタムコンバージョン設定が完了となります。カスタムコンバージョン設定画面ページの表に今回作成したカスタムコンバージョンが反映されているか確認しましょう。

カスタムコンバージョン設定後のページ

上記の様な項目が表示されていたらカスタムコンバージョンの作成は完了しています。

その後、ピクセルのエラーやURL指定の間違いがあると右の2枠、アクティビティーとステータスが表示されませんので、設定後はサンクスページにアクセスしアクティビティーやステータスが有効になるかを確認しましょう。

 

まとめ

冒頭でも触れましたが、カスタムコンバージョン設定はマーケティング目標がコンバージョンのキャンペーンを運用する際には必須の設定ですので、この機会にしっかり設定できているかご確認してみては如何でしょうか?

WEB広告全般全てのお悩みにお答え致します。

株式会社imacocoはSEO、SEM、SNSを基軸としたWEBマーケティング企業です。クライアント様の継続率、業界トップクラスの90%以上。結果にコミットし必ずお客様のご要望にお答え致します。まずはお気軽にご相談くださいませ。

 

CONTACT


24時間以内にご返信致します。
10:00 – 19:00(土日祝休み)

About the Author

imacoco所属WEBマーケター administrator

Comments Are Closed!!!