意外と知らない?Facebook広告を出稿する前の準備と設定方法

Byimacoco所属WEBマーケター

意外と知らない?Facebook広告を出稿する前の準備と設定方法

弊社のクライアント様でセミナーを開く際に、Facebookのサービスが複雑過ぎて何がなんだかわからないというご意見をよくお伺い致します。そこで今回は改めて広告におけるFacebookの機能やその構造、更にはサービスなどを整理していきたいと思います。

Facebook広告を出稿する際に最低限用意すべき要素

広告を出稿する際にとお伝えしながらで恐縮ですが、まずはじめにFacebook広告を出稿&運用する前に確認しておかなくてはならない点が御座います。それは、

  • 個人アカウントのみの使用(つまりFacebook媒体に広告出稿はしない。)
  • 会社or団体としてFacebookページを作成しページ経由で広告を流すのか

という2点です。

つまり、一般的なSNSとしてFacebookを使用(個人情報を公開したり友達同士で共有など)するのか、Facebookページ(検索エンジン上でいうところのホームページの様なもの)を作成し、会社や団体などをブランディングし広告などを出稿するのかどうかです。

機能 個人アカウント Facebookページ
登録情報 基本的には実名 会社名、団体名、サービス名など
友達申請機能 あり なし
フォロー機能 あり あり
エンゲージメント機能
(いいね機能等)
記事に対するいいねなどを送り合う機能やフォロー あり
(Facebookページへのいいね収集や記事に対するいいね収集など)
フォロー機能もあり
広告出稿機能 なし あり

注意しておくべき点は、個人アカウントだけを持っただけでは広告出稿する手段は無いが、広告出稿する際には個人アカウント作成が必須という点です。

前述した通り、基本的に広告を出稿する際には、個人アカウント作成というフローが必須です。個人アカウントを作成し広告を出稿したい場合に初めて広告出稿する為の手続きが必要となるのです。

それでは、個人アカウントを作成後どのように広告を出稿するのか?下記より解説していきます。

まず始めに、広告出稿する為に必要なものは下記の2点です。

  • Facebookページ
  • Facebook広告アカウント

それぞれFacebook広告を行う際に必要な機能が存在します。

Facebookページ

検索エンジン(GoogleやYahooなど)においてのホームページの様な役割です。Facebookページにいいねを押させ、見込み顧客の確保を行ったり、Facebookページにいいねやフォローしている見込みユーザーに対しニュースフィード枠などに投稿を流す事が可能です。

他にはメッセージのやり取りやライブ動画の出稿、イベントの作成などが可能です。

Facebookページ単体にも広告出稿機能は存在します(ウェブサイトへのアクセスを増やす広告、電話での問い合わせを増やす、Facebookページを宣伝など)が、広告費をFacebook側に支払う際に後で解説するFacebook広告アカウントが必要になりますので、一旦は、Facebookページが存在するだけでは広告出稿は不可。という認識で宜しいかと思います。

Facebook広告アカウント

Facebook広告アカウントを持つことで上で作成したFacebookページ経由で広告を出稿することが可能になります。

Facebookページ側で出稿する広告

  • ウェブサイトへのアクセスを増やす広告
  • 電話での問い合わせを増やす広告
  • Facebookページを宣伝(いいね獲得)広告

Facebook広告アカウント側で出稿する広告

  • ブランドの認知度アップ
  • リーチ
  • トラフィック
  • エンゲージメント
  • アプリのインストール
  • 動画の再生数アップ
  • リード獲得
  • コンバージョン
  • 製品カタログでの販売
  • 来店数を増やす

他の広告を管理する機能

  • 広告マネージャーの使用
    (簡単な広告出稿をする際に使用します。登録する広告の数が少ない場合はこちらを使用します。)
  • パワーエディターの使用
    (より複雑にABテストをする際や、登録する広告の数が複数存在する場合はこちらを使用します。)
  • 広告レポートの使用
    (実際に出稿した広告のレポートを作成しCSVなどでエクスポートすることでオフライン上で広告の分析が可可能です。)
  • Facebookピクセルの発行
    (Facebookピクセルは、Facebook広告を出稿しお持ちのホームページやLPにランディングさせる際に、リマーケティングリストの作成やCV計測に必要になるjavascriptで書かれたタグを示します。)
  • オーディエンスの作成
    (Facebook広告を出稿する際に配信するリストを作成します。例としてはリマーケティングリストや顧客のメアドリストなど。)
  • カスタムコンバージョンの設定
    (Facebookピクセルを貼った箇所内でコンバージョンのポイントを指定します。)

上記の様により広告を出稿、管理する際に必要な多機能を兼ね備えているのがFacebook広告アカウントです。

ですので、Facebookで広告を出稿する際には必ず”Facebookページの作成”と”Facebook広告アカウントの作成”の2つを行いましょう。

 

Facebookページ、Facebook広告アカウントの作成方法

解説した通り、Facebook広告を出稿し運用する際にはFacebookページとFacebook広告アカウントの2点が必要となります。それでは下記より、実際の作成方法について解説していきます。

実際に作成する方法として今回ご紹介する方法は2点御座います。目的などによってどちらの方法を選択するかが変わるかと思いますので、軽くご説明します。

Facebookページ、Facebook広告アカウントの作成方法①|個人アカウントから自動発行されるものを使用する

こちらは、一番簡単な方法としてクライアント様には紹介しております。

実は冒頭に解説した個人アカウントを作成した際に、Facebookページを作成し、Facebook広告アカウントを1つ作成することが可能です。

個人アカウントからのFacebookページ、Facebook広告アカウントの作成方法

  1. 個人アカウントログイン後の右上にある三角のボタンをクリック
  2. Facebookページを作成する場合は②の箇所をクリック
  3. Facebook広告アカウントを作成する場合は③をクリック

只、個人アカウントから自動発行されるものを使用する方法で一点気をつけなくてはならない点が、Facebook広告アカウントは自分個人のもの一点のみが作成されるという事です。

つまりこちらの方法では、支払い方法や発行されるFacebookピクセルなど、全て個人のものとなってしまいます。

この場合、何がいけないのかというと、例えば、

会社や団体などでFacebook広告を出稿する場合に、こちらの方法だと社内の守秘義務などが不透明になってしまい、もしFacebook広告を担当していた社員などが辞めてしまった場合でも、その社員は自分の個人アカウントから内部情報をみることができる可能性がでて来るなどです。

ですので、あくまでこちらの方法は、個人事業主やフリーランスの方などが自分の為にのみFacebook広告を使用する場合(あくまで広告出稿も全て自己管理。他の人が入ってくる可能性が無い場合。)に使用をおすすめしております。

 

Facebookページ、Facebook広告アカウントの作成方法②|Facebookビジネスマネージャーを発行する

前述した、個人アカウント経由でFacebookページ、Facebook広告アカウントを作成する方法はあくまで個人用の方法です。それでは、会社や団体、組織でFacebook広告を扱う場合にはどのような方法で2点を作成すればよいのでしょうか?

そこで今回ご紹介する方法が、Facebookビジネスマネージャーを発行する方法です。

Facebookビジネスマネージャー発行URL:https://business.facebook.com/overview/

Facebookビジネスマネージャーとは、会社や団体、組織で複数のビジネスモデルが存在する関係で、不特定多数のユーザーが存在する場合や複数のFacebookページ、Facebook広告アカウントを所持他のFacebookページやFacebook広告アカウントへのアクセスを申請する場合に必要な設定です。

機能としては、

  • Facebookページを量産できる
  • Facebook広告アカウントを量産できる
  • 他のビジネスマネージャーやFacebookページを共有できる
  • 登録したオーディエンスを他のビジネスマネージャーやFacebookページ同士でシェアしあえる

などが存在します。

実際にビジネスマネージャーに登録することで出来る内容、設定方法に関しては下記の記事をご参考下さい。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?Facebook広告は未だ未開発、改良途中のサービスですが、従来のリスティング広告やディスプレイ広告ではアプローチが出来ないユーザーに対しても広告を出稿することができ、個人アカウントを作成した際にユーザーが興味関心などの個人情報を設定する点から、広告を投げる際のセグメントの質が非常に高い点が特に魅力的な広告媒体です。

ご存じの方は今更という記事内容となっておりますが、これからFacebook広告を扱おうとしている方や未だFacebook広告を導入されていない方は是非上記をご参考の上、Facebook広告の導入、運用をご検討してみては如何でしょうか?

WEB広告全般全てのお悩みにお答え致します。

株式会社imacocoはSEO、SEM、SNSを基軸としたWEBマーケティング企業です。クライアント様の継続率、業界トップクラスの90%以上。結果にコミットし必ずお客様のご要望にお答え致します。まずはお気軽にご相談くださいませ。

 

CONTACT


24時間以内にご返信致します。
10:00 – 19:00(土日祝休み)

About the Author

imacoco所属WEBマーケター administrator

Comments Are Closed!!!